海老江曳山まつり

■名匠たちが妙技を競った工芸美術の絵巻が伝え守られている郷土の誇り
 海老江加茂社の秋季例祭は「海老江曳山まつり」と呼ばれています。
 この曳山はからくり人形が有名で、東町「唐子遊び」、中町「唐子懸垂廻転」、西町「唐猿童子」があります。中でも西町のものは、日本一の人形師が作った傑作で、瞬時に唐子や猿の顔に変身するというものです。

曳山 3基(東町・中町・西町)

ご案内

場所 海老江山町内一円
開催期間 秋分の日(2018年は9月23日(日))
開催時間 9:00~23:00頃
お問い合わせ先 TEL 0766-84-4649 (射水市観光協会)

交通案内

<電車&バス>

■あいの風とやま鉄道呉羽駅下車→射水市コミュニティバス⑥新湊・呉羽駅線(新港東口行き)「あいの風とやま鉄道呉羽駅前」から乗車→「サンビレッジ新湊前」下車→海老江山町周辺

 

 

■あいの風とやま鉄道小杉駅下車→射水市コミュニティバス⑯小杉駅・大江経由足洗線(足洗老人福祉センター行き)「あいの風とやま鉄道小杉駅前」から乗車→「サンビレッジ新湊前」下車→海老江山町周辺

 

 

<車>北陸自動車道富山西IC→約20分