大門曳山まつり

■庄川の歴史とともに歩んできた 躍動感溢れる芸術作品
 大門神社・枇杷首神社の秋祭りとして「大門曳山まつり」は行われます。

 創設は明治5年(1872年)頃と言われ、昼は花傘を飾った美しい花山に、夜は優雅な提灯山として趣を変えて、通りを練り歩きます。

 

 また、庄川に架かる大門大橋を4基揃って渡る姿は圧巻で、大門ならではの光景です。

 

 新湊の曳山や高岡御車山と同じ型のものですが、枇杷首地区の花山車は2輪で大変珍しく、県内では高岡御車山の二番町とこの花山車しかありません。 

 

曳山 4基(田町・中町・西町・枇杷首)

ご案内

場所 大門山町内一円
開催期間 体育の日の前日(2018年は10月7日(日))
開催時間 10:00~20:40頃
お問い合わせ先 射水市観光協会 TEL 0766-84-4649 

交通案内

電車:あいの風とやま鉄道越中大門駅下車→徒歩で約5分→大門山町周辺

 

車:北陸自動車道小杉IC→約15分→大門山町周辺”