現在の位置:
トップ
観光便利帳
観光ボランティア

観光便利帳

観光ボランティア

射水の観光を支える観光ボランティア情報・募集

観光ボランティアって?

射水市の観光ガイドをお任せください。

射水市の観光地をご案内する、観光ボランティアグループがあります。

利用時間 午前9時から午後5時まで
利用料金 ガイド1名1回あたり1,000円

事前申込みが必要。案内希望日の1週間前までにお申込みください。

観光ボランティアご予約フォーム

問合せ先 射水市観光ボランティア連絡協議会
電話:0766-84-4649

ページトップへ

各地区のモデルコース

新湊地区(ボランティアグループ:あゆの風)
❶ 新湊大橋・海王丸コース(1時間程度)

万葉線「越の潟駅」 ― 新湊大橋・あいの風プロムナード ― 県営渡船 ― 海王丸パーク

・あいの風プロムナード 新湊大橋の車道下部に設置された「海上に浮かぶ空中庭園歩廊」

・海王丸パーク 海の貴婦人「帆船海王丸」が係留されている。船内見学(有料)もできる。

❷ 特色ある橋と内川周辺散策コース(両コースとも1時間程度)

●東コース

万葉線「新町口駅」 ― (徒歩8分) ― 川の駅 ― 大楽寺 ― 山王橋 ― 日吉社 ― 曼陀羅寺・天満宮 ― 東橋 ― 放生津橋 ― 二の丸橋−放生津城址 ― 万葉線「中新湊駅」

・川の駅 特産物の販売、曳山展示、カフェレストラン、レンタサイクル

●西コース

万葉線「新町口駅」 ― 川の駅 ― 神楽橋 ― 中新橋 ― 中の橋 ― 専念寺 ― 新西橋 ― 西宮神社 ― 西橋 ― 藤見橋 ― 藤の宮 ― 万葉線「新湊庁舎前駅」

❸ 海岸散歩コース(1時間程度)

万葉線「庄川口駅」 ― 新湊漁港(西地区) ― 奈呉の浦大橋 ― 小川おさんの碑 ― 新湊漁港(東地区) ― 新湊きっときと市場 ― 富山新港臨海野鳥園 ― 海王丸パーク

・新湊きっときと市場 とれたての鮮魚等を販売しているフィッシャーマンズワーフ。食事もできる。

❹ 歴史散策コース(2時間程度)

万葉線「六渡寺駅」 ― 日枝神社−<庄川を渡る> ― 三ケ新の道標 ― 白山社 ― 漁民義人塚 ― 西宮神社 ― 専念寺 ― 気比・住吉社 ― 大楽寺 ― 日吉社 ― 曼陀羅寺・天満宮 ― 光明寺 ― 放生津八幡宮 ― 光山寺 ― 放生津城址 ― 万葉線「中新湊駅」

❺ 観光船に乗り内川遊覧&12橋巡りコース(50分程度 天候により変更あり)

海王丸パーク ― 富山新港湾内 ― 内川 ― 川の駅 ― 日本海 ― 海王丸パーク

・富山新港湾内 観光船から新湊大橋を見学できる
※観光船への乗船予約は、お客様ご自身で行ってください。
(新湊観光船:電話 0766-82-1830)

❻ 片口緑地コース(自家用車かバス利用で1時間程度)

海竜マリンパーク ― 片口緑地 ― 富山新港展望台 ― 新湊弁財天広場 ― 新湊大橋 ― 海王丸パーク

・富山新港展望台 展望台から富山新港や新湊大橋が一望

モデルコーストップへ

小杉地区(ボランティアグループ:つつじの会)
❶ 旧北陸道巡り(徒歩約2時間)

JR小杉駅 ― 西土寺 ― 開智社跡碑 ― 郡奉行所跡 ― 小杉展示館 ― 十社宮 ― 蓮王寺 ― 旧小杉郵便局 ― 竹内源造記念館 ― JR小杉駅

・西土寺 この寺の梵鐘は、江戸時代初期に金沢の名工宮崎寒雉により作られた名品で、本堂内には加賀藩の藩主の位牌が3体ある。

・開智社跡碑 明治時代に富山県ではじめて出された雑誌「相益社談」が、この地にあった開智社から発刊された。

・小杉展示館 明治時代、小杉貯金銀行として建てられた。黒漆喰の土蔵造り。

・十社宮 黒と白の木造神馬や室町時代の能面、鏝絵の絵馬などがある。

・蓮王寺 木造では北陸一の大仏がある。

・旧小杉郵便局 大正13年に建てられた洋風建築物である。

・竹内源造記念館 鏝絵の名工竹内源造の作品が展示されている。

❷ 北部寺院巡り(自家用車又はバスで1時間)

蓮王寺 ― (5分) ― 永久寺 ― (5分) ― 光専寺 ― (5分) ― 躰玄寺

・蓮王寺 県指定文化財の銅造地蔵菩薩立像や越中瀬戸焼の香炉があり、木造阿弥陀如来像は高寺大仏として有名である。

・永久寺 木造十一面観世音菩薩立像は市指定文化財である。

・光専寺 木造阿弥陀如来立像と鐘楼門は市指定文化財である。

・躰玄寺 県指定文化財の木造阿弥陀如来立像は鎌倉時代初期の作である。

❸ 南部地区巡り(自家用車又はバスで1時間)

小杉丸山遺跡 ― (5分) ― 翁徳寺 ― (5分) ― 太閤山ランド

・小杉丸山遺跡 国指定の史跡で、飛鳥時代後期の工人住居跡や北陸最古の瓦陶兼業窯跡

・翁徳寺 木造の千手観世音菩薩坐像は南北朝末期の作である。座禅体験可

・太閤山ランド 森林公園と都市公園を兼ね備えた1,188平方キロメートルの公園

モデルコーストップへ

大門地区(ボランティアグループ:野の花会)
❶ 正力・小林記念館、二口誓光寺、二口熊野社めぐり

JR越中大門駅 ― (徒歩10分) ― 正力・小林記念館 ― (徒歩10分) ― 二口誓光寺 ― (徒歩5分) ― 二口熊野社 ― (徒歩15分) ― JR越中大門駅
※このコースは、交通手段として列車を利用する場合に適している。

・正力・小林記念館 下記2氏の関係品約100点収蔵。入館料は無料で毎週金曜日が休館日

・正力松太郎 プロ野球の創設に偉大な手腕を発揮

・小林與三次 読売新聞の発行部数世界一に貢献

・二口誓光寺 本願寺派の県内屈指の巨刹

・二口熊野社  毎年9月8日に獅子が火の中から舞い出る「火渡り神事」が伝承されている。

❷ 櫛田神社・大伴二三彌ステンドグラス記念館 他
 (見学の場合2時間コース。体験を含むと半日コース)

櫛田神社・大伴二三彌ステンドグラス記念館 ― (徒歩5分) ― 串田新遺跡 ― (車10分) ― 陶房・匠の里

・櫛田神社 1,300年ほど前に大和朝廷からこの地に遣わされた竹内宿彌が斉主になって創建された延喜式内社

・大伴二三彌ステンドグラス記念館 ステンドグラス作家の草分けとして東京を拠点に活躍。全国に数多くの作品を残す。見学希望の場合、事前に櫛田神社(電話:0766-54-1733)に連絡必要。入館無料

・串田新遺跡 縄文時代中期から後期の土器と集落の遺跡がある。「縄文広場」として縄文時代の住居址一基を復元、四基を石で表示してある。

・陶房・匠の里 匠の指導の下、誰でも気軽に陶芸を楽しめる。コースいろいろ

❸ 二口誓光寺、二口熊野社、熊野街道めぐり 他

二口誓光寺 ― (徒歩1分) ― 熊野街道散策 ― (徒歩10分) ― 二口熊野社

・二口誓光寺 本願寺派の県内屈指の巨刹。平将門の三女如蔵尼により創始1000年。寺紋は珍しい軍配

・熊野街道 二口の道沿いは水戸田の熊野社に詣でる道として栄え、古き良き時代の名残がある。

・二口熊野社 9月8日の火渡り神事が有名。お化け灯篭(自然石)

モデルコーストップへ

大島地区(ボランティアグループ:ふるさとの会)
❶ 史跡探索コース

大島北野河川公園 ― (徒歩20分) ― 中野の板碑 ― (徒歩15分) ― 小島の石名橋 ― (徒歩25分) ― 鳥取の里 ― (徒歩5分) ― 大島絵本館 ― (徒歩40分) ― 四方四仏多層塔 ― (徒歩10分) ― 今開発の大ヒイラギ

・大島北野公園 庄川沿いにあり、多目的グランドや遊具等が整備されている。

・中野の板碑 大きい梵字が刻まれた板碑、天から落ちてきた隕石(いんせき)と伝わっている。

・小島の石名橋 石の地蔵が橋になって村人の通行を助けたという民話が伝えられる板石

・鳥取の里 古事記にも記された「鳥取の里」は、歴史書に表れた県下最古の地名とされる。

・大島絵本館 国内外の絵本を約一万冊以上所蔵。絵本が読めるだけでなく、ギャラリーやワークショップなどが楽しめる。

・四方四仏多層塔 四方に、薬師、釈迦、弥陀、弥勤の四仏と思われる座像が刻まれている。鎌倉時代末期から室町時代の建立と推定される。

・今開発の大ヒイラギ 樹齢280年、高さ10メートルあまりの巨木。仲秋には白い花を咲かせる。県指定天然記念物

❷ 地蔵堂中心の散歩コース

小林地蔵堂 ― (徒歩15分) ― 鳥取の里 ― (徒歩30分) ― 赤井地蔵堂 ― (徒歩30分) ― 新開発地蔵堂

・小林地蔵堂 一重、入母屋作り、平入り、正面軒唐破風付

・鳥取の里 古事記にも記された「鳥取の里」は、歴史書に表れた県下最古の地名とされる。

・赤井地蔵堂 一重、入母屋造り、妻入、正面軒唐破風付

・新開発地蔵堂 一重、入母屋造り、平入り、正面千鳥破風、軒唐破風付

モデルコーストップへ

下地区(ボランティアグループ:とねりこの会)
❶ 下地区めぐりコース

馬事公園 ― (徒歩2分) ― 加茂神社 ― (徒歩2分) ― 福王寺 ― (徒歩2分) ― パークゴルフ場(遺跡展示室) ― (徒歩15分) ― 民俗資料館

・馬事公園 加茂神社の春季大祭(流鏑馬)の馬を飼育。馬術競技大会やNPO法人スポーツクラブによる乗馬教室も開催

・加茂神社 第70代御冷泉天皇の治暦2年(西暦1066年)に、現社地に祀られたもので、加茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)の御神領・倉垣庄の総社として、厚い信仰のもと、数多くの特殊神事が伝承されている。隣接の祭事館に展示物多数

・鰤分け神事(1月1日) [市指定重要文化財]
 氏子の代表が幸を願い奉納された鰤のヒレを立てて高く持ち上げる神事

・やんさんま【流鏑馬】(5月4日) [県指定無形民俗文化財]
 疾走する馬上から武者が大弓で的を目がけて矢を放つ勇壮な儀式

・御田植祭(6月の初卯の日、6月上旬・中旬) [県指定無形民俗文化財]
 豊作を祈願し平安時代から続く神事。投げられた人形を拾った人は幸せをつかむと言われている。

・稚児舞(9月4日)
 「越中の稚児舞」として、宇奈月、富山とともに、国指定無形民俗文化財]

 古式ゆかしい衣装で稚児4人が優雅な舞を奉納する収穫感謝祭

・福王寺 開基は空海と伝えられ、県指定文化財の仏像3体を安置

・不動明王立像 杉材の一木造りの等身像(高さ160cm)

・毘沙門天立像 ヒノキ材の一木造り(高さ73.5cm)

・阿弥陀如来像 本像は来迎形の坐像(高さ85cm)

・パークゴルフ場 昭和40年代の下村の水郷風景をしのび、2000年とやま国体でデモンストレーション競技としての開催を機に整備。国際パークゴルフ協会公認のとねりこA・B、やぶさめA・Bのコースあり。

・遺跡展示室 パークゴルフ場の管理棟(とねりこふれあい館)内にあり、古代から鎌倉時代までの出土品を展示

・民俗資料館 当地出身の舘哲二氏(公選初代知事)所有の、くさまき材を使用した米蔵を移築し、昔の農作業器具等を展示

モデルコーストップへ

観光ボランティア募集

あなたも射水市の「観光ボランティア」に参加しませんか?

観光ボランティアを募集しています。老若男女を問いません。どなたでも参加できます。いろいろな方との出会いがあり、人生が豊かになると思います。また、活動を通して、射水市のことをより深くより広く知ることにつながります。

現在の位置:
トップ
観光便利帳
観光ボランティア

ページの先頭へ